Getting the Beautiful Body安心できるプチ整形で憧れの自分へ・・・。

整形手術の技術力は常に進歩しています。安心できるプチ整形で自然な美しさになることができます。

サプリを活用した豊胸術

整形の様に胸に直接行う豊胸術は確かに多いと思います。しかし、それらの施術は怖いので受ける自信がないという人であれば、サプリを利用した豊胸術を一度考えてみるのもいいかもしれませんね。

サプリでは、整形の様な豊胸術の様に、たった一回で大きな効果を実感するという事は難しいかもしれませんが、利用する人の恐怖心などはないかと思います。

サプリを活用した豊胸術でも、副作用などが発生する恐れというのも考えられます。ですので、サプリを活用した豊胸術を利用する際には、健康に問題がなさそうかどうか、よく考えて利用するというのはもちろんですが、なるべく高品質で安心できそうな物を選ぶ様にしたいですね。

脂肪注入による豊胸手術の安全性とダウンタイム

脂肪注入による豊胸手術は、自分の脂肪を使用するため安全性が高く、自然な触り心地で美しい仕上がりが期待できます。過去には注入した脂肪が石灰化する事例もありましたが、技術が進歩した現在では、脂肪注入層を分割することにより石灰化の発生率も大幅に現象しています。

施術の安全性は高いものとなりましたが、施術後のダウンタイムは約1ヶ月、仕上がりまでは約3ヶ月と長期間を要します。脂肪吸引も合わせて行うため、バスト以外の部位にも不調が発生し、どうしても日常生活に支障をきたしてしまいます。これに対してはクリニックで行っているアフターケアを受けることで、不調を和らげることができます。

豊胸手術の中で人気のある脂肪注入

豊胸手術の中でも人気があるのが脂肪注入と呼ばれる施術です。豊胸手術には有名はシリコンを使用した施術もありますが、シリコンは体質の関係でできない人がいるのと、いれたとしても定着率があまりよくなく、形が崩れてきてしまう人がおり、理想の形をゲットできる人も勿論いましたが、できない人も多かったのが問題でした。

しかし脂肪注入でしたら、まずアレルギー反応が起きる事もなく(もともと自分の体内にあったものを移動させるだけ)、また自分の体と体の物質を合わせるということで、定着率もシリコンよりも倍以上の効果がのぞめます。

脂肪注入による豊胸手術に向いている人

実は人気のある豊胸手術ですが、向いている人と、向いていない人がいるのです。どのような体質の人が向いているのかというと①体に脂肪がついている人②胸周りの皮膚が伸びやすい人です。①は脂肪注入と呼ばれるくらいですので、自分の体の脂肪をとって、それを注入します。

そのため除去するだけの脂肪が体にない人はこちらの施術は難しいといえます。ないものを除去する事はできないので、ある程度の脂肪が必要です。②ですが、脂肪がのびのびと胸の皮膚の下で暮らしていければ行けるほど、胸の形がよくなります。そのためにも脂肪が思いっきり伸縮できるような柔らかい皮膚の方がいいのです。

脂肪注入法で豊胸手術をしましょう

脂肪注入豊胸というのは、余った自身の脂肪を吸引して、脂肪細胞を胸に注入するため、脂肪採取部位の部分痩せに非常に効果がある方法です。吸引した脂肪を直接バストに使用するため、不自然な硬さはなく、レントゲン写真に写る心配もありません。

感触や動きも通常のバストと変わりがなく、自然な仕上がりとなるので周囲の人に気づかれることもほとんどありません。現在シリコンバックを入れている方は、バックを取り除き、脂肪注入法で、再度豊胸手術を行う事も出来ます。細い針を使用し、注入していくので痛みや腫れが少なく、ダウンタイムが従来に比べ短くなっています。

豊胸手術関連